中竹 竜二

日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター
株式会社TEAMBOX 代表取締役

Facebook
プリントアウトする

learn to UNLEARN

私は、ラグビーの“コーチのコーチ”であるコーチングディレクターをしています。
コーチを指導するのは、正直、とても難しい。
なぜなら、ほとんどのコーチは、教えるプロだが、教わるプロではないから。
しかし、成果を出すコーチは、皆、教わるプロであり、学ぶプロです。
誰よりも学ぶことができるコーチが、誰よりも勝つ選手やチームを育てることができるのでしょう。

実際、世界で結果を出している、偉大なるコーチを数多く見てきましたが
共通しているのは、彼らの教える能力よりも
圧倒的に仲間たちから教えてもらったことを、自らの学びに変えることができるということ。

現在は、ラグビーだけではなく他のスポーツであったり、そしてビジネスの場で
様々なリーダー育成に携わっています。
「誰よりも学ぶことができるコーチ、そしてリーダーが、チームを育て、組織を育てる。」
もっと多くの方に、このことを伝えていきたいと思っています。

著書

プロフィール

中竹 竜二 (なかたけ りゅうじ)

日本ラグビーフットボール協会
コーチングディレクター
株式会社TEAMBOX 代表取締役

1973年、福岡県生まれ。早稲田大学卒業、レスタ—大学大学院修了。三菱総合研究所を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督就任。
2010年、日本ラグビーフットボール協会 「コーチのコーチ」指導者を指導する立場であるコーチングディレクター に就任。
2012年より3期にわたりU20日本代表ヘッドコーチを経て、2016年には日本代表ヘッドコーチ代行も兼務。また2014年、株式会社TEAMBOX設立、企業のグローバルリーダーの育成トレーニングを行っている。

経歴

  • 1973年

    福岡県生まれ

  • 1993年

    早稲田大学入学。ラグビー蹴球部に在籍し、
    (3年生まで公式戦出場経験が
    なかったにもかかわらず)
    4年次には主将を務め
    全国大学選手権で準優勝

  • 1997年

    早稲田大学卒業後、イギリスに留学。
    レスター大学大学院社会学部修了

  • 2001年

    株式会社三菱総合研究所入社

  • 2006年

    (監督経験が無いにもかかわらず)
    早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。
    2007年度から2年連続で
    全国大学選手権を制覇

  • 2010年

    監督を退任
    日本ラグビーフットボール協会
    初代コーチングディレクターに就任

  • 2012年

    U20日本代表監督に就任

  • 2014年

    再びU20日本代表ヘッドコーチに就任し、 ワールドラグビーチャンピオンシップにて 初のトップ10入りを果た 株式会社TEAMBOXを設立する

  • 2016年

    アジアラグビーチャンピオンシップにて 日本代表ヘッドコーチ代行として指揮をとる

  • 2017年

    U20日本代表ヘッドコーチを退任

    スポーツそしてビジネスの世界に、 グローバルリーダーを増やしていく活動を 続けていきます。

お問い合わせ

お仕事の依頼については、気軽にお問い合わせください。

※講演・取材のお申し込みについて
目的・概要等を記載した企画書を添付していただき、
ご連絡いただけると助かります。
info@ryujinakatake.com
メールで問い合わせる